ブランクがあっても問題にならずに就職できた薬剤師の求人情報の便利さ

育休ブランクから薬剤師として復帰することの不安

私は学生から新卒者として薬剤師になりました。
最初は病院内に設置されている薬局で勤務することになり、この病院では比較的規模の大きな病院になり、病床も沢山あったので夜勤などを行う必要もありました。
当初は非常に充実した毎日を送っていて、仕事として覚えなければならない事が沢山あり、薬の知識を増やすことは勿論のこと、訪れる方々に間違いが生じないように丁寧に説明を行ったり、挨拶を欠かさずに行ったり、患者さんが普段病気について悩んでいることなどをヒアリングすることも大切な業務として行ってきました。
非常に勉強になることが多く、夜勤を行っている最中にも随時必要とされる薬を提供する場面もあり、人の役に立つ仕事として誇りを持って勤務してきました。
この病院には約7年間程度を継続勤務していて、一切の不満を感じることなく楽しく仕事をしてきました。
しかし、7年が過ぎた頃には、パートナーと呼べる相手が見つかることになり、結婚したことで病院を退職した経験があります。
結婚後は出産を行ったこともあり、しばらくの期間を子育ての時間に費やしていて、退職をしてから早5年が経過しようとしていました。
子供は幼稚園に入園するようになってから、再び社会復帰することを考えて、最初の頃にはアルバイト情報誌などを見て勤務先を探すことを行っていました。
しかし、アルバイトでは十分な稼ぎを得ることができない状態でもあり、私の場合では以前のようにフルタイムで尚且つ子供のために夜勤の無い仕事を探していたので、不都合に感じてしまうことがありました。
以前に病院に勤務をしていた際にはある程度まとまった収入を得ていたので、再び薬剤師として活躍をすることも視野に入れていました。
しかし、ブランクが5年間もあるので、その間には多くの新薬やジェネリック医薬品が発表されている状態だったので、薬剤師として勤務することに躊躇してしまうこともありました。

育休ブランクから薬剤師として復帰することの不安背中を押してくれたのは薬剤師専門の求人サイト

/ ブランク明けokの薬剤師求人は?